1. ホーム
  2. 協会について
  3. 理事長挨拶

理事長挨拶

日本アレルギー協会(Japan Allergy Foundation)は経団連の援助を受け、昭和42年に厚生省所管の財団法人として設立されました。爾来今日まで国民の保健と福祉に寄与するためアレルギーについての知識の普及、啓発活動、更に指導やアレルギー研究の助成などを行ってまいりました。
アレルギー疾患は年々増加の傾向を示しています。この傾向は先進国ほどより著明です。わが国では今や何らかのアレルギーを持っている国民は全人口の50%を超えるような状況にあります。アレルギー疾患は国際的にも大変重視され注目されている疾患です。従って協会の究極の目的はアレルギー疾患の克服であります。
協会は平成22年9月、内閣府より公益財団法人としての認定を受けました。それに伴いアレルギー協会としては決意を新たにして、今後ともアレルギーの克服に向け尽力する心算ですので変わらぬご支援とご協力をお願いいたします。

理事長 宮本 昭正

協会について